自分に合った仕事がしたい|直接雇用のチャンスを派遣で掴む|貿易事務は未経験でもOK

直接雇用のチャンスを派遣で掴む|貿易事務は未経験でもOK

女の人

自分に合った仕事がしたい

女の人

お試し期間を持つ

事前にいろいろと情報収集して、この会社であれば長く働き続けることができそうだと考えて就職する人が多いですが、実際に働き始めてから、こんなはずではなかったと後悔してしまうケースが少なくありません。後悔する理由は様々ですが、職場の雰囲気が悪くて人間関係がギクシャクしているとか、前もって聞かされていたのとは全く違う内容の業務を命じられるなどという理由が多いです。せっかく就職できた会社を簡単に辞めてしまうことはできませんが、我慢して働き続けていると精神を病んでしまうおそれがあります。従業員のうつ病対策を喫緊の課題にしている企業がたくさんあることは、周知の事実です。就職してから後悔したくないのであれば、紹介予定派遣制度を利用してみるのが得策です。紹介予定派遣で働くことができれば、最大6ヶ月という時間をかけて、希望通りの会社かどうかを見極めることができます。実際に働いてみないと見えてこない部分がたくさんありますが、紹介予定派遣制度を利用すれば、就職の失敗を避けられるようになります。

どのような制度なのか

紹介予定派遣の場合は、最大で6ヶ月間、派遣スタッフとして就業することになります。一般派遣の場合は派遣期間が年単位の設定になることもありますが、紹介予定派遣の場合はそういうことはありません。逆に、派遣期間が2〜3ヶ月程度の短期設定になることはありえます。派遣期間中の取り扱いについては、一般派遣と何ら変わりがありません。仕事の指示は派遣先企業から受けますが、福利厚生や給与の支払いは人材派遣会社の方から受けます。しかし、派遣期間終了後は、一般派遣の場合とは全く異なる取り扱いを受けることになります。一般派遣の場合は、期間満了と同時に派遣先企業との関係が自動的に消滅しますが、紹介予定派遣の場合は正社員として雇用されるかどうかの話し合いがもたれることになっています。派遣スタッフと派遣先企業が合意すればという条件つきではありますが、正社員になれる可能性があることはとても大きな魅力になります。